本文

TOP>産業用物流機器indexページ>腰痛対策機器indexページ>パレットレベラー



製品説明動画 / PAL360 パレットレベラー



製品特長

パレットとフォークリフトを使用するシーンで活躍する腰痛対策機器です。最大荷重2000kgで荷積み・荷おろしも作業能率35%UPします。

荷物の高さは、スプリングの動きにより、常に作業のしやすい理想的な高さなので腰を曲げずにらくらく作業・能率アップでき、腰痛防止にもなります。また、ターンテーブルでパレットを回転させ、作業者の手元で作業ができます。

スプリング式のシンプル構造で、安全装置(ショックアブソーバー等)付です。

高さと重量に合わせて適切なバネが選べます。(下記 バネ選定表)

製品一覧

スプリング式 腰痛対策機器 パレットレベラー|最大荷重2000kg

  • 型式:PAL-360
  • 圧縮時高さ(mm):241
  • 伸長時高さ(mm):711
  • ターンテーブル(mm):1,100
  • ベース寸法(mm):930×920
  • 自重(kg):172



シーン/操作方法/作業効率

こんなシーンで腰痛の人、増えてます。


操作方法

  • 貨物積載時の機器本体のご移動はご遠慮ください。また安全のため機器本体より長いタイプのフォークで奥まで差し込みご使用ください。

  • 作業効率


    スプリング

    パレットレベラー360 | バネ選定表

    パレットレベラーのスプリングの組合せは上記表により選択します。

    1. バネの組み合わせにより荷重に対するテーブル高さが表記してあります。
    • 荷重及び荷高さはパレットを含みません。
    • ※あくまで参考値になります。

    この商品(PAL-360)のカタログをダウンロードする


    【旧式をお使いの方】

    旧式(PALV-TT,PALV)のカタログをダウンロードする

    » シリーズの一括ダウンロードをご希望の場合はお問い合わせ・サポートページをご覧ください

    ↑ このページのトップへ